日野市でおすすめの葬儀社ランキングのメインの画像

日野市でおすすめの葬儀社をランキング形式で紹介します!

葬儀は大切な人を見送るために失敗したくないものであり、安心して執り行いたいものでもありますよね。しかし突然のことだったり慣れないことだったりするため、「何からすればよいのかわからない」「葬儀社の選び方がわからない」などたくさんの不安や疑問を感じやすいのも事実です。

だからこそ、不安を解消し、スムーズに葬儀をおこなってくれる葬儀社選びはとても重要なことです。これから葬儀社を見つけるのなら、

・葬儀にかかる相場費用
・葬儀の種類や手続きについて
・どのようなタイミングで葬儀社を選ぶべきか

などは、できれば事前に知っておきたい部分です。そこで当サイトでは、葬儀に必要な手続きから葬儀社の選び方まで、あらゆる面から葬儀や葬儀社についてご紹介していきます。

さらにWEBアンケートをもとにおすすめの葬儀社をランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「葬儀の流れ」や「事前に決めておくべきこと」などについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

より不安なく葬儀を進めるために、そして後悔なく故人を見送るためにも当サイトで葬儀について理解を深めていきましょう。

有名老舗ホテルのホスピタリティー精神に基づいた、心に残る葬儀サービス
日野市葬儀相談センター((株)葬援)の画像

引用元:https://www.souen-sougi.com/

日野市葬儀相談センター((株)葬援)は、業界最安水準の価格とプランのわかりやすさに加え、本物の接客による高品質な葬儀を実現している葬儀社です。それは日本マーケティングリサーチ機構調べにて3冠を達成し、口コミサイトの評価も高評であることから証明されています。

これまで葬儀業界であまり重視されてこなかったホスピタリティを大切にし、形骸化されてきた葬儀とは異なる「あなただけの葬儀」を提案してくれます。

日野市葬儀相談センター((株)葬援)の画像

引用元:https://www.souen-sougi.com/

日野市葬儀相談センター((株)葬援)は、業界最安水準の価格とプランのわかりやすさに加え、本物の接客による高品質な葬儀を実現している葬儀社です。それは日本マーケティングリサーチ機構調べにて3冠を達成し、口コミサイトの評価も高評であることから証明されています。

これまで葬儀業界であまり重視されてこなかったホスピタリティを大切にし、形骸化されてきた葬儀とは異なる「あなただけの葬儀」を提案してくれます。


確かな葬儀品質と接客
顧客調査でも3冠を達成

安心の価格とプラン
業界最安水準の価格で安心

終活のすべてに対応
事前相談から相続までOK

ホスピタリティを重視
あなただけの葬儀を提案

日野市葬儀相談センター((株)葬援)に寄せられた口コミ・評判

遺族と参列者に寄り添った対応

この度は、年末の慌しい中を、無事に通夜と告別式を執り行う手配をして頂き、どうも有難うございましたm(__)m。葬儀前に、故人に会いに行った際には、まるで寝ている様な表情で、納棺迄しっかりと、徹底管理の下、送り届ける事が出来ました。

自宅近隣の斎場や誘導バスの手配や、収骨を待つ間も、取りこぼしも即フォロー出来る様な、周知の徹底が見受けられました。貴重な経験をさせて戴き、大変お世話になりました。終始、遺族と参列者に寄り添って頂いた事、心より感謝申し上げます。

引用元:https://www.google.com/

安心してお任せできた

急遽お話しを伺い、半日後の早朝には寝台車を病院に着けていただくことになりました。その後の葬儀の打ち合わせでも、いろいろお気遣いいただき、そのお人柄に、安心してお任せすることができました。

バタバタしている時期なので、ちょっと聞きたいことや、連絡事項はLINEでやりとりできたのも良かったです。

引用元:https://www.google.com/

日野市葬儀相談センター((株)葬援)の基本情報

実績

「2021年度日野市お客様満足度NO.1」「安心価格で信頼できる葬儀社NO.1」「希望のプランが必ず見つかる葬儀社NO.1」の3つのタイトルを獲得

料金

直葬プラン:9万5,000円(税込)
火葬式 プラン:13万9,000円(税込)
出棺式プラン:17万2,000円(税込)など

その他のサービス

法事、法要 / 相続 / 遺品の整理、ハウスクリーニング / 遺言 / 家族信託 / エンディングノート

会社情報

株式会社 葬援
住所:東京都日野市東豊田4-17-3
TEL:0120-078892

日野市葬儀相談センターの公式サイトを見てみる
東京・神奈川エリアでアクセスのよい葬儀場多数!365日24時間体制サポート
サン・ライフの画像

引用元:https://www.moshimo.net/

サン・ライフは、東京・神奈川エリアの葬儀・葬式・家族葬をサポートしている葬儀社です。ジャスダック上場、プライバシーマークの取得、「葬祭ディレクター」資格の創設・取得推進などにも力を入れ、誠実なサービスを利用者に約束しています。

自社の施設には個室タイプの安置室を完備しているのも特徴で、24時間いつでも面会や付添ができるという点でも安心です。

サン・ライフの画像

引用元:https://www.moshimo.net/

サン・ライフは、東京・神奈川エリアの葬儀・葬式・家族葬をサポートしている葬儀社です。ジャスダック上場、プライバシーマークの取得、「葬祭ディレクター」資格の創設・取得推進などにも力を入れ、誠実なサービスを利用者に約束しています。

自社の施設には個室タイプの安置室を完備しているのも特徴で、24時間いつでも面会や付添ができるという点でも安心です。


誠実なサービスを約束
上場や資格取得推進など

個室タイプの安置室
24時間面会や付添が可能

事前相談特典あり
安置料1日分無料など

葬儀以外のサービスも
埋葬や遺品整理なども可能

サン・ライフに寄せられた口コミ・評判

とても清潔感があり、サービスも行き届いて居ました。

お部屋はとても清潔感があり、またセンス良い雰囲気でとても良かったです。また、お茶やコーヒーのサービスがあることや、トイレなどもきれいに掃除が行き届きとても驚きました。小さなホールなので職員の方が当番でいるようでしたが、夜の弔問につきましても、夜間の時間でも快く対応いただきありがたかったです。

引用元:https://www.ekiten.jp/

良心的な提案

追加する提案よりも、省略しても良い内容を提案してくれて良心的だと感じた。

引用元:https://www.ekiten.jp/

サン・ライフの基本情報

実績

神奈川、東京エリアに107葬儀場を展開

料金

お別れ式プラン:23万7,600円(税込)~
1日葬プラン:34万9,800円(税込)~
家族葬プラン:36万6,300円(税込)~ など

その他のサービス

法事、法要 / 埋葬 / 遺品の整理、ハウスクリーニング

会社情報

株式会社サン・ライフ【日野会館 高倉総合ホール】
〒192-0033 東京都八王子市高倉町21-5
TEL:0120-31-4088

サン・ライフの公式サイトを見てみる
日野市と八王子市の市民葬儀屋指定店!地域に密着した確かなサービスが人気
セレモハイネスの画像

引用元:https://www.ceremo-hainesu.co.jp/

セレモハイネスは、2000年に設立し、東京都日野市・八王子市・立川市をはじめ、多摩地域での豊富な葬儀施行実績と経験を持つ葬儀社です。遺族の方に寄り添い満足できる葬送のサービスを提供しています。

日野市市民葬儀、八王子市民葬儀の指定店としての施工実行も多く、地域の方からも安心して選ばれている葬儀社です。来店や電話のほか、自宅での事前相談にも対応しているので生前に相談しておきたい方にもおすすめです。

セレモハイネスの画像

引用元:https://www.ceremo-hainesu.co.jp/

セレモハイネスは、2000年に設立し、東京都日野市・八王子市・立川市をはじめ、多摩地域での豊富な葬儀施行実績と経験を持つ葬儀社です。遺族の方に寄り添い満足できる葬送のサービスを提供しています。

日野市市民葬儀、八王子市民葬儀の指定店としての施工実行も多く、地域の方からも安心して選ばれている葬儀社です。来店や電話のほか、自宅での事前相談にも対応しているので生前に相談しておきたい方にもおすすめです。


豊富な施工実績と経験
多摩地域での信頼度が高い

会員の特別価格あり
豊富なプランから選べる

地域密着型で安心
真心のある品質とサービス

見積り無料で対応
自宅での事前相談もOK

セレモハイネスに寄せられた口コミ・評判

親切丁寧な対応

母が亡くなり、何も分からない私にとても親切で丁寧に対応して下さり有難うございました。葬儀が終わったあとでも法事についても詳しく教えて頂いたりと、感謝しかありません。とても良い家族葬ができました。従業員の皆様もとてもよかったです。

引用元:https://soogi.jp/

祭壇がきれい

パンフレットに載っている祭壇がとてもキレイだったのでお願いしました。母は花が好きだったので、棺の中をお花で埋められて満足です。

引用元:https://soogi.jp/

セレモハイネスの基本情報

実績

2,000年に設立し、東京都日野市・八王子市・立川市をはじめ、多摩地域での葬儀施行実績と経験が豊富

料金

火葬プラン20
会員価格:16万2,800円(税込)/通常価格:22万0,000円(税込)
火葬プラン25
会員価格:21万7,800円(税込)/通常価格:27万5,000円(税込)
生花祭壇35
会員価格:32万7,000円(税込)/通常価格:38万5,000円(税込)など

その他のサービス

ハイネス会(サービス内容下記)
①会員価格 ②仏壇・仏具の割引③「葬儀のしおり」「エンディングノート」贈呈
など

会社情報

セレモハイネス株式会社
住所:東京都日野市旭が丘2-12-7 大沢ビル1階
TEL:042-589-1985

セレモハイネスの公式サイトを見てみる
地域の有志たちによって設立された葬儀社。多様化した葬儀スタイルにも対応可能
マハヤナ協会の画像

引用元:https://www.mahayana-k.com/

マハヤナ協会は、昭和24年に日野仏教会の各寺院を中心に地域の有志の方々の出資により設立された葬儀社です。これまで60年にわたって地域の方々から信頼されている実績があり、安心して任せることができるでしょう。

葬儀に関しては、一般葬、社葬などのご葬儀(葬式)、遺族や近親者でおこなう家族葬など宗派を問わず対応してくれます。

マハヤナ協会の画像

引用元:https://www.mahayana-k.com/

マハヤナ協会は、昭和24年に日野仏教会の各寺院を中心に地域の有志の方々の出資により設立された葬儀社です。これまで60年にわたって地域の方々から信頼されている実績があり、安心して任せることができるでしょう。

葬儀に関しては、一般葬、社葬などのご葬儀(葬式)、遺族や近親者でおこなう家族葬など宗派を問わず対応してくれます。


創業60年以上の歴史
地域の有志により設立した

宗派を問わず対応可能
さまざまな形式にも対応

わかりやすいプラン
希望に合わせて選べる

葬儀後サポートもあり
葬儀後の手続きも安心

マハヤナ協会の基本情報

実績

昭和24年に日野仏教会の各寺院を中心に地域の有志の方々の出資により設立された葬儀社

料金

家族葬、火葬式:33万円(税込)~
一般葬、社葬:74万8,000円(税込)~

その他のサービス

記載なし

会社情報

有限会社マハヤナ協会
住所:東京都日野市日野本町2-14-4
TEL:042-581-1100

マハヤナ協会の公式サイトを見てみる
顧客満足度98%以上!個々の価値観に寄り添った葬儀形式にも柔軟に対応
都典礼の画像

引用元:https://www.miyakotenrei.com/

都典礼は、地元八王子・世田谷・日野地域で年間400件以上、計2万件以上を執り行ってきた実績がある葬儀社です。希望に沿った提案や臨機応変な対応、明確な価格表示などが高く評価され、顧客満足度は98%以上を誇ります。

またどのような宗派や形式にも対応しており、知識と技術を保証する資格を持つスタッフが心を込めて葬儀中終了までサポートしてくれます。

都典礼の画像

引用元:https://www.miyakotenrei.com/

都典礼は、地元八王子・世田谷・日野地域で年間400件以上、計2万件以上を執り行ってきた実績がある葬儀社です。希望に沿った提案や臨機応変な対応、明確な価格表示などが高く評価され、顧客満足度は98%以上を誇ります。

またどのような宗派や形式にも対応しており、知識と技術を保証する資格を持つスタッフが心を込めて葬儀中終了までサポートしてくれます。


豊富な実績で安心
合計2万件以上の葬儀実績

臨機応変な対応が可能
あらゆる宗派・形式OK

明確な価格表示で安心
豊富なプランから選択可能

資格を持つスタッフ
同じスタッフが一貫対応

都典礼に寄せられた口コミ・評判

親身に対応してくれた

祖父の葬儀でお世話になりました。担当者がとても親身に対応してくれました。地元の葬儀社で安心してお願いできました。

引用元:https://www.google.com/

優しくて話しやすいスタッフ

葬儀屋さんというと怖いイメージがありましたが、スタッフの方々がとても優しくて話しやすかったです。

引用元:https://www.google.com/

都典礼の基本情報

実績

地元八王子・世田谷・日野地域で年間400件以上、計2万件以上を執り行ってきた実績

料金

直葬プラン
会員価格:20万8,945円(税込)~/通常価格:24万3,430円(税込)~
白木祭壇
会員価格:26万9,500円(税込)~/通常価格:38万5,000円(税込)~
生花祭壇
会員価格:35万2,000円(税込)~/通常価格:44万円(税込)~ など

その他のサービス

エンディングノート

会社情報

株式会社 都典礼【日野市営火葬場】
住所:東京都日野市多摩平3-28-8
TEL:0120-385-444

都典礼の公式サイトを見てみる

葬儀前の様々な手続き

の画像

葬儀をおこなう場合、手続きや決めておかなければならないことがたくさんあります。まず臨終直後は医師に死亡診断書を書いてもらい、葬儀社に連絡します。ご遺体を自宅または葬儀社の安置施設に搬送し安置したら、葬儀社との打ち合わせや関係者への連絡をおこないます。この際に喪主や世話役などを決め、必要な備品なども手配します。

亡くなってから7日以内には死亡届と火葬許可申請書の提出、14日以内には年金、健康保険、介護保険の資格喪失手続きなども必要です。葬儀社では、このような手続きのサポートも対応してくれます。

葬儀社を選ぶタイミング

の画像

葬儀社を決めるタイミングはとくに決まっていませんが、できれば事前に何社かに絞り相談しておくと安心です。以前は事前の相談は不謹慎だとされていましたが、最近ではよりスムーズに進めるためにもある程度葬儀社を決めておく方も増えているようです。

しかし突然お亡くなりになった場合は、ご遺体を病院から搬送する前、もしくは搬送後に依頼しましょう。ご遺体の搬送は葬儀社が対応してくれますが、搬送や安置と葬儀を別の葬儀社に依頼することも可能です。その場合は搬送してもらう際に、別の葬儀社を検討している旨を伝えましょう。

葬儀にかかる費用目安

の画像

葬儀の相場費用は地域や規模、また葬儀の種類によっても異なります。東京都の場合は、火葬式が25万円~40万円程度、一日葬が35万円~125万円程度、家族葬が45万円~130万円程度です。昨今ではお葬式にかける費用を抑える傾向にあり、さらに安い価格を提案している葬儀社もあります。

また葬儀費用の支払いはお布施をする主という意味である「施主」がおこないます。一般的に喪主が施主となりますが、最近では高齢の親が施主のみを、喪主は子供がおこなうケースも増えています。

葬儀の種類

実は葬儀には数多くの種類があり、家族の希望や故人の立場などによってどの葬儀をおこなうか決定します。ここではその中でもおこなう方の多い「直葬」「一日葬」「一般葬」の3つの特徴についてご紹介していきます。


直葬
直葬は、通夜や葬儀・告別式をおこなわず火葬のみをおこなう方法です。親しい遺族や関係者など少人数で執り行われ、火葬前に集まり10分程度のお別れをしたあとに遺体は荼毘に付されます。直葬は数ある葬儀の種類の中でもとくに費用と時間のかからない方法で、高齢の遺族の身体的な負担を減らすこともできます。

一日葬
一日葬は通常2日間にわたっておこなわれる葬儀を、葬儀と告別式のみに絞り1日で執り行う葬儀の方法です。通夜式をおこなわないため、葬儀前夜の弔問や会葬者がなく、遺族や身内の方のみでゆっくりとお別れすることができます。通夜の料理などの費用を軽減できたり、身体的な負担を減らすことができたりするのも特徴です。

一般葬
一般葬は、その名の通り古くから執り行われてきた一般的な葬儀のことを指します。通夜式をおこなった翌日に葬儀と告別式、出棺式や火葬場での納めの式、精進上げの法要など一通りの儀式がおこなわれるのが特徴です。遺族や親族はもちろん、仕事の関係者や地域の方、友人など故人と生前付き合いのあった方が参列できます。

日野市にある葬儀社選びのポイント

日野市周辺にもたくさんの葬儀社があるため、葬儀社選びに苦労している方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは葬儀社を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを3つご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

葬儀スタイルの画像
葬儀スタイル

まずチェックしたいのが、対応している葬儀のスタイルです。一般葬、家族葬、一日葬、直葬など、葬儀の種類は数多くあります。そのため希望する葬儀スタイルに対応できる葬儀社かどうかを確認してみてください。とくに生前に葬儀社を決めておく場合は、さまざまな葬儀スタイルに対応している葬儀社なら希望に合う葬儀を提案してくれるのでおすすめです。

また葬儀社によっては葬儀スタイルごとに定額制などの料金プランを設定していることもあるので、あらかじめ予算を決めておけば、予算からも最適な葬儀スタイルやプランを提案してもらうこともできます。明確にどのような葬儀にしたいか決まっているのなら、まずは相談してみてください。

アフターサポートの画像
アフターサポート

葬儀は執り行うまでの大変さばかりが注目されがちですが、実は葬儀後にも多くの手続きやしなければならないことがあります。保険や年金などの名義変更手続きや、弔電のお礼・返礼品の手配、四十九日など法要の準備、相続や遺産整理などをはじめとして、ほかにもやるべきことは山積みです。

もちろんこれらの手続きは自分たちだけでおこなうこともできますが、中には書類をいくつも取り寄せて期日までに対応しなければならないものもあるので、アフターサポートの充実している葬儀社を選ぶのがおすすめなのです。葬儀社は手続きに慣れており専門家の紹介などもしてくれるため、家族の負担を大幅に減らしてくれるでしょう。

口コミや評判の画像
口コミや評判

葬儀社選びの際には、実際にその葬儀社を利用した方の口コミや評判も参考にしましょう。スタッフの対応や葬儀までのスムーズさ、葬儀当日のサポートや終わってからのアフターサポートについてなどは実際に依頼してみないとわからない部分も多いです。ホームページなどに書かれていることとは異なることもあるでしょう。

ネット上での口コミはもちろんですが、地域密着型の葬儀社であれば周囲に利用したことがある方も多いので評判を聞いてみるのもおすすめです。ただし口コミだけを信じてしまうのは危険です。気になる葬儀社を数社ピックアップしたら、実際に相談もした上で口コミや評判を参考にしながら総合的に見て判断しましょう。

葬儀の流れ

01. ご逝去

家族などが逝去されたら、まずは家族や友人・知人、葬儀社などに連絡をしましょう。ただし亡くなった状況によって対応が異なるので要注意です。 病院で亡くなった場合はその場で死亡診断書が発行され、その後遺体搬送の手配が必要です。自宅で亡くなった場合は、かかりつけの病院への連絡、もしくは救急車を呼んで対応を仰いでください。死亡診断書などの提出は葬儀社が代行してくれるので、不安な場合は葬儀社に連絡しましょう。

02. お迎え

病院などで亡くなった場合は、葬儀社が寝台車でご遺体のお迎えをしたうえで安置所や自宅まで搬送してくれるので安心です。ただし、病院などではご逝去されてから数時間以内で霊安室からの移動を求められる場合も多く、速やかに遺体安置所の確保や寝台車を手配する必要があります。 あらかじめ葬儀社が決まっている場合はそこに連絡すればよいですが、そうでない場合は病院に提携している葬儀社に依頼しましょう。

03. ご遺体安置

自宅にご遺体を安置する場合は、布団と枕を用意する必要があります。頭を北側にする「北枕」で、仏間か座敷に安置しましょう。 北向きに寝かせられない場合は、西向きにしても構いません。顔は白い布で覆い、手を胸の上で組ませたら数珠をかけてください。掛け布団の上には魔除けにカミソリなどの守り刀を置いて、枕元には飾りを設置することも必要です。さらに白木の小机を用意し、お線香を上げられる状態にしておきましょう。

04. 打ち合わせ

遺体の安置が完了したら、葬儀社との打ち合わせや準備に入ります。打ち合わせでは喪主の確認や寺院など宗教者への連絡、故人やご遺族の希望確認のほか、葬儀スタイル、日程、装飾や式典内容の決定、さらに見積もりの算出などがおこなわれます。 また通夜や葬儀後にお清めの会食をする場合は、その際の料理も決めなければなりません。工程はたくさんありますが、葬儀社が提案やサポートをしてくれるので落ち着いておこないましょう。

05. ご納棺

ご納棺は通夜式の前に親族が集まり、故人の旅支度に立ち会う儀式です。末期の水、湯灌、死化粧、死装束の順番でおこなわれ、そのすべてが完了すると納棺となります。 棺には故人の愛用品などを一緒に納め、最後に着衣の乱れがないかを確認した上で一同合掌の後に蓋が閉じられます。棺の中には入れられない物品もあるので、事前に納められるものかどうかを確認しておきましょう。

06. お通夜

通夜は故人と遺族や親しかった人たちが、別れを惜しみながら一緒に過ごす最後の時間です。かつては夜を徹して故人に付き添うのが習わしでしたが、近年では弔問客を迎えて2時間程度でおこなうケースが一般的となっています。 通夜式は受付→一同着席→僧侶入場→読経→焼香→僧侶退場→通夜式終了という流れとなっています。また閉式後は参列した方々を食事やお酒でおもてなしする「通夜ぶるまい」がおこなわれます。

07. 葬儀・告別式

故人の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式が葬儀・告別式です。本来は葬儀式と告別式に分かれていましたが、最近では「葬儀ならびに告別式」というケースが一般的になっています。通常は通夜式翌日の午前中におこなわれ、お別れの時間では棺の中に花を供えて最後のお別れをします。当日は、受付→一同着席→僧侶入場→開式の辞→読経・引導→焼香→僧侶退場→弔電→挨拶→閉式の辞→お別れという流れで進んでいきます。

08. 火葬・骨上げ

葬儀場から火葬場に移動し、故人と最後の対面をした後に喪主から故人と関係の深い順に焼香をして納めの式をおこないます。火葬には1時間ほどの時間がかかるため、この間参列者は控室で待機します。 火葬を終えたら遺骨を骨壷に納める「お骨上げ」の儀式をおこないます。こちらも喪主から故人と関係の深い順に2人1組で箸を使い、一片の骨を骨壷に納めていきます。納める遺骨の順は地域や宗派によって違うので注意しましょう。

09. 初七日法要

故人が亡くなってから数えて7日目におこなわれる初七日法要ですが、最近では葬儀当日に遺骨迎えの法要と合わせておこなわれるケースが多くなっています。関東においては告別式後すぐにおこなう式中初七日法要、関西においては火葬後におこなう初七日法要が一般的です。葬儀まで完了すると、葬儀の最後まで立ち会っていただいた方に感謝を込めて精進落としの席を設けられることもあります。

10. 精進落とし

かつては遺族が忌明けまで肉や魚を断つのが習わしであり、その期間が終了し通常の食事に戻ることが精進落としと呼ばれていました。しかし最近では葬儀でお世話になった方に向け、感謝の気持ちを表す目的で料理や酒が振る舞われるのが精進落としとされています。精進落としで振る舞う料理についても、葬儀社で手配やサポートをしてくれるのでご遺族が心配する必要はありません。

しっかりと準備し、親身になってくれる葬儀社を選びましょう!

葬儀は故人との最後のお別れであり、遺族にとっても大切な儀式です。初めての葬儀や慣れない葬儀では不安を感じることもあるかもしれませんが、事前にしっかりと準備や相談をしていればその不安を減らすことができるはずです。そのために、親身になって相談に乗ってくれたり本人や遺族が希望する葬儀のかたちを実現してくれる葬儀社を見つけ、万が一に備えて相談しておきましょう。