葬儀に関する一連の流れとは?基礎知識や手順を徹底解説!

公開日:2022/12/15   最終更新日:2022/11/22

葬儀はお葬式だけでなく、亡くなる方が危篤となった段階からはじまっています。実際に葬儀を行う際、休む間もなく次々と訪れる“やるべきこと”の多さに圧倒される方もいるでしょう。今回は、葬儀に関する一連の流れとともに、基礎知識や手順を解説します。葬儀を行わないといけない状況になって慌てないために、チェックしておきましょう。

危篤・臨終からご逝去までの流れ

葬儀は、命の危険が間近に迫っている危篤の状態からはじまります。危篤の段階ではまだ亡くなっていませんが、回復の見込みは少なく、そのまま臨終を迎えてご逝去してしまう場合が多く、心の準備が必要です。病院や家族から危篤を伝えられたら、最優先で病院へ向かいます。

危篤から臨終を迎えるまで

危篤から臨終を迎えるまでは人によって異なります。危篤の連絡を受けて数分で臨終を迎える方もいれば、数週間危篤状態が続く場合もあります。業務に支障が出る可能性もあるため、上司や職場への連絡も忘れずに行ないます。患者と立ち会えたら、まずはたくさんの声かけとスキンシップを大事にしましょう

臨終からご逝去まで

臨終とは、死に直面するという意味をもちます。臨終を迎えると、医師が死亡診断を行います。死亡確認後、身体を清め、死に化粧を施すなどのエンゼルケアが行われます。これらのケアを、まだ温もりのある故人とのスキンシップとして、立ち会っている遺族に託してくれる病院も増えています。エンゼルケアを終えると、遺体は病院の霊安室へと安置されます。

葬儀社の手配から打ち合わせまでの流れ

病院の霊安室に遺体を安置できる時間は長くありません。葬儀社が決まっている場合、なるべく早い段階で連絡を入れます。

葬儀社の手配

葬儀社が決まっていない場合、病院と提携している葬儀社を提案してくれる場合があります。葬儀社が決まっている場合、早い段階で葬儀社へ一報を入れておきます。葬儀社が決まると、搬送しに寝台車で遺体を迎えに来てくれます。基本的に遺体は葬儀社の安置室で安置されますが、自宅での安置も可能なため葬儀社と相談しましょう。

死亡診断書

医師が死亡診断を行うと、死亡診断書が発行されます。役所へ死亡診断書を提出すると、火葬許可証が発行されます。火葬許可証がないと遺体の火葬が認められません。死亡診断書は諸手続きで提出が必要となるため、必ずコピーをしておきます

葬儀社との打ち合わせの流れ

葬儀の打ち合わせの日取り決めは葬儀社によって異なりますが、当日から翌日には打ち合わせが行われます。葬儀の形式を選択してから本格的な打ち合わせがはじまります。葬儀の日程決めの前提として、菩提寺がある場合は菩提寺の予定を中心に葬儀の日程を決めます。遺族や親族、火葬場の予約状況などから逆算し、最終的な葬儀の日程の決定を行います。

遺体の腐敗を遅らせる処置

人は亡くなった瞬間からゆっくりと腐敗がはじまります。ご逝去から火葬までの日数は地域によりますが、平均4日~7日とされています。その間、遺体の腐敗を遅らせるための処置が行われます。腹部にドライアイスを当て、温度を下げて腐敗を遅らせる処置か、専門資格をもつ技術者が体内の残存物の除去や防腐剤の注入、損傷箇所の修復などを行うエンバーミングのいずれかを選択します。

納棺から葬儀までの流れ

葬儀に関する各種諸手続きから準備、訃報を伝え、参列者の予定も出揃ったころ、一息つかぬ間に葬儀の日を迎えます。

納棺の流れ

通夜を行う前に、故人を棺へ納める納棺を行います。身体を清め、死に化粧を施し、死装束や仏衣を着させ、遺族の手で故人を棺へと納棺します。故人に着せたいものがある場合、納棺師が丁寧に着せてくれます。故人を棺に納め、胸の前でゆっくりと手を組ませます。旅立つ故人と一緒に火葬し、あの世へ持っていく副葬品を棺へ入れることも可能です。

通夜式当日の流れ

喪主は通夜開始までに、担当者相談しながら席次、席の配置、祭壇や花などを確認します。導師への挨拶やお布施は通夜がはじまる前に行います。その後の進行は葬儀社が行うため、心配はありません。通夜では、導師による読経、喪主から順に焼香を行い、予定していれば通夜ぶるまいと呼ばれる食事会を設けます。

告別式当日の流れ

通夜の翌日は、一般の参列者も招いて、故人との最後のお別れとなる告別式を行います。告別式当日の流れは、開始数時間前には式場へ到着しておき、喪主は担当者と最終確認を行います。式場全体のチェック、席数、会葬礼状や返礼品、受付準備など、会場全体の確認を担当者と行います。導師が到着したら担当者から声がかかるので、導師の部屋へ出向き挨拶をします。必要であればこのタイミングでお布施を渡します。

告別式が開式すると、通夜と同様に導師の読経、喪主から順に焼香をあげます。初七日法要を省略する場合、導師の読経から再び焼香をあげます。焼香のタイミングや順番などは、スタッフからの案内で進められます。焼香と読経を終えると導師は一度退場し、告別式は閉式します。

出棺から火葬までの流れ

告別式の閉式後、故人の棺への花入れ、棺の蓋閉め、喪主による別れの挨拶を行います。棺を大きく開けてのお別れは花入れまでです。一緒に火葬して欲しいものがある場合は、花いれのタイミングまでに棺へいれておきます。

お別れの会と出棺までの流れ

告別式の閉式後、故人とのお別れの会へと移ります。喪主から順に故人の棺の中に生花を添え、故人と触れ合える最後の時間を過ごし、棺の蓋が閉められます。蓋閉めでは、参列者全員で棺の蓋に手を添え、足元からゆっくりと蓋を閉めていきます。喪主による挨拶を行い、お別れの会は終了します。

返礼品は、喪主の挨拶後から出棺の準備が整うまでの間に参列者へ渡します。導師のタイミングにより、返礼品を渡す前に出棺の準備を整えている場合もあるため、導師のタイミングを優先します。

出棺の流れとマナー

導師の読経とともに、霊柩車へ棺入れをして火葬場へと向かいます。導師の読経、導師による案内で合掌し、霊柩車のドアが閉められます。その後は導師を含め、火葬場へ向かう方は霊柩車とともに火葬場へ向かいます。火葬場へ同行するのは基本親族のみのため、一般の参列者は霊柩車を見送ることになります。見送りの際には、出発する霊柩車へ一礼し、黙礼したまま霊柩車が見えなくなるまで見送ることがマナーです。

火葬場でのお別れ

火葬場での故人とのお別れの時間は短く、場合によっては顔を見ることもできません。火葬場へと到着したら、火葬場のスタッフの案内に従い、導師の読経とともに焼香をあげます。導師が同行していない場合でも、喪主から順に焼香をあげ、故人は火葬炉へと向かいます。

骨上げと手順

骨上げは葬儀と同じく儀式にあたります。骨上げでは、火葬炉から取り出された遺骨を囲み、21組のペアで箸渡しの作法を用いて遺骨を拾います。遺骨を骨壺へと納める順番は、生前と同じ形で納めるため、足元から順に上半身へ向かって拾い、最後に喉仏を納めます。骨上げを行う方の順番は、喪主など故人との関わりが深い立場にある方から、血縁の濃い順に進め、喪主ペアが最後に喉仏を拾います。

初七日法要から納骨までの流れ

火葬後は、初七日法要、四十九日法要、納骨と順に行います。葬儀後、7日目に初七日を迎え、初七日法要を行いますが、現在では葬儀当日に一緒に行うことが増えています。

納骨の準備

納骨は四十九日法要のタイミングで行う場合が多いですが、必ず49日目に行う必要はありません。納骨する心の準備ができたら、菩提寺や納骨先と日程調整をしましょう。納骨の際には、骨壺と一緒に火葬済みと印された火葬許可証、墓地使用許可証、印鑑を忘れず持参します。

納骨当日の流れ

法要と合わせて納骨を行う場合、基本的には午前中に法要を営み、お墓で納骨法要と納骨を行い、会食を設けます。午後に法要を営む場合は、暗くなる前に納骨法要ができる時間帯に設定しましょう。暗くなると足元が見えづらく、納骨がスムーズに行えないため注意が必要です。

まとめ

葬儀に関する一連の流れ、手順と基礎知識を少しでもイメージできたでしょうか?葬儀はお葬式だけでなく、危篤状態からはじまります。葬儀がはじまったら、想像以上の早さで物事を進める必要があり、そして進んでいきます。葬儀の忙しさは、遺族の心を紛らわすためだとも伝えられています。実際に自身が葬儀を行う立場となったとき、この記事を思い出していただければ幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

喪服にベストを合わせるのはマナー違反? お葬式やお通夜、法事などに参加する際は喪服を着用しますが、普段着用する場面が少ないことから、ベストを合わせてもいいのか分からない方が多いでしょう。ベス

続きを読む

自分の葬儀をどういった形式であげてほしいか、葬儀の形式をどう選択していくことが最善で、後悔のない葬儀を行えるのか…そういったことはとても悩ましい点です。その一方で、自分が遺族としてどんな葬儀

続きを読む

葬儀はお葬式だけでなく、亡くなる方が危篤となった段階からはじまっています。実際に葬儀を行う際、休む間もなく次々と訪れる“やるべきこと”の多さに圧倒される方もいるでしょう。今回は、葬儀に関する

続きを読む

葬儀の目的は「生前お世話になった故人を遺族や参列者がお見送りする」ことです。遺族としては、何事もなくスムーズに葬儀を進行していきたいものです。しかし、意外にも葬儀会社とのトラブルは少なくあり

続きを読む

葬儀を執り行う際、​​故人の友人や会社の関係者の方に案内状を送らなければなりません。案内状の種類はいくつかあり、送るべきタイミングもそれぞれで異なります。案内状にはどんな種類があり、何に気を

続きを読む

葬式やお通夜、告別式などに参加した後には食事が出されるのが日本の文化のひとつになっています。そんな葬式後の食事やお供えするごはん、マナーなどについて紹介していきます。 葬式後の食事について

続きを読む

冠婚葬祭のひとつである葬儀やお通夜ですが、鞄はどのようなものを持参すべきなのでしょうか。今回は、葬式やお通夜に持参すべき鞄や小物について紹介していきます。 マナーを守った喪服に合うバッグの選

続きを読む

家族が亡くなった際に執り行う葬儀にはどれくらいの費用がかかるのか気になるものです。決して安くはない葬儀費用ですが、知識さえあれば高額な費用を抑えることができるかもしれません。この記事では、葬

続きを読む

日野市に住民票がある方が亡くなった場合、その葬儀に際しては補助金を受けとれる可能性があります。突然必要になった場合はとくにですが、葬儀費用は家族の負担になってしまいます。補助金などの存在を知

続きを読む

あわてて選んではいけないのが葬儀屋さん、理想は事前にどこに頼むかを決めておくことです。故人の意思を活かせない、予算オーバーしてしまうなど、トラブルに発展しかねません。安らかに故人を見送るため

続きを読む