喪服にベストを合わせるのはマナー違反?

公開日:2022/12/13  


喪服にベストを合わせるのはマナー違反?

お葬式やお通夜、法事などに参加する際は喪服を着用しますが、普段着用する場面が少ないことから、ベストを合わせてもいいのか分からない方が多いでしょう。ベストはスーツをオシャレに着こなすうえで欠かせない存在であり、普段であればさまざまな場面で活躍します。

しかし、喪服に合わせると場合によってはマナー違反にあたるため、ベストを着用してもいい場面と着用すべきではない場面を把握しておくことが大切です。この記事では、ベストの着用がマナー違反にあたるのか否かを場面ごとに分かりやすく紹介しているので、これから弔事に参加する予定がある方はぜひ参考にしてみてください。

喪服とは?

喪服とは、お葬式や法事の際に着用する服のことであり、ビジネススーツとは全くの別物です。ビジネススーツは光沢のある黒色やグレーであることが多いですが、喪服は光沢のない深い黒色が特徴で、黒が深ければ深いほど格式が高いとされています。

喪服とビジネススーツを混同している方もいるかと思いますが、並べれば違いが意外と一目で分かるため、弔事に参加する際は基本的に喪服を着用しましょう。そして、喪服には正喪服や準喪服、略喪服といった3つの種類が存在します。

正喪服

正喪服とは、喪主と三親等までの親族が着用する喪服です。男性の場合は和装やモーニングコート、女性の場合は和装やブラックフォーマルを着用します。

男性が着用するモーニングコートは黒い上着とベスト、縦じまの入ったズボンを合わせた装いとなっており、着方は少し変わりますが結婚式で着用されることも多いです。一般的にお葬式やお通夜の際は、カジュアルと考えられるベストを着用しないのがマナーですが、モーニングコートを着用する場合はベストが必要になります。

ただ、最近ではモーニングコートや和装を持っている方が少ないうえに、お葬式の簡略化が進んでいるため、正喪服を着用する人が少なくなっています。そのため、結婚式では見ることがあっても、お葬式で見る機会はあまりないでしょう。

準喪服

準喪服はお葬式やお通夜、法事などのさまざまな弔事で通用する喪服です。日常的に喪服と呼ばれているのは準喪服のことで、最近では喪主や親近者でも準喪服をお葬式で着用するケースが増えています。

準喪服を着用する際はベルトやバッグ、靴においても光沢のあるものは避け、深めの黒色で統一するのがマナーです。男性の場合はベストの着用を避け、女性の場合は極力肌の露出がないものを選びましょう。

略喪服

略喪服は平服とも呼ばれ、お葬式以外でも着用する通常のスーツを指しています。男性の場合は地味な色のスーツ、女性の場合は地味な色のスーツやワンピースが基本です。

お通夜の際は、取り急ぎ駆け付けるといった意味合いから略礼服でも問題ありませんが、最近ではお通夜でも準喪服を着用するのが一般的になっています。そのため、喪主側から「平服でお越しください」といった案内がない限りは、準喪服を着用するのが無難です。

ベストは着用してもいい?場面ごとに紹介

ベストはスーツをオシャレに着こなすうえで欠かせない存在ですが、弔事においては着用しているとマナー違反にあたる場合があります。弔事でマナー違反をしないためにも、それぞれの場面ごとにベストを着用してもいいのかをしっかりと把握しておきましょう。

お通夜

お通夜に参列する際は準喪服もしくは略喪服を着用することになります。この時、ブラックスーツにベストを合わせるのは良くないとされているため、準喪服を着ていく場合はベストの着用を避けましょう。

ただ、喪主側から「平服でお越しください」といった案内があり、黒やグレーなどのビジネススーツを着ていく場合はベストを着用しても問題ありません。基本的に略喪服であれば、ベストを着てもマナー違反にはあたりませんが、派手な色のものを選ぶのは故人や遺族に対して非常に失礼なので、着用する際は黒色のものを選びましょう。

お葬式

お葬式に参列する際は、ブラックスーツを着用するのがマナーです。そのため、ベストの着用は控えましょう。

お葬式でベストを着ることがあるのは、喪主や親近者がモーニングコートを着用する場合のみであり、基本的に参列者がベストを着ることはありません。

法事

法事においては、基本的にベストを着用していてもマナー違反にはあたりませんが、地域や宗派の考え方によってはマナー違反にあたる場合もあるため注意が必要です。法事は、本来地味な服装で参加するものなのでベストの着用は避けるのが無難ですが、何か理由があって着用したい場合は、事前に親族や家族へ着用してもいいのか確認しておくことをおすすめします。

また、ベストの着用が許されたとしても派手な色のものを選ぶと悪目立ちするため、目立たないように黒色のものを選び、ボタンは一列のシングルタイプを選ぶようにしてください。スーツに関しても、ボタンが一列に配置されているシングルスーツを選びましょう。

まとめ

ベストはスーツをよりオシャレに着こなすうえで欠かせない存在ですが、お葬式やお通夜、法事などの弔事においては、ベストの着用がマナー違反にあたる場合もあります。そのため、弔事に参加する際は服装のマナーを知っておくことが大切です。

お通夜や法事などではベストを着用しても問題ないケースがありますが、地域や宗派によって考え方が異なるため、ベストを着用する場合は事前に親族や家族へ確認しておくと良いでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

喪服にベストを合わせるのはマナー違反? お葬式やお通夜、法事などに参加する際は喪服を着用しますが、普段着用する場面が少ないことから、ベストを合わせてもいいのか分からない方が多いでしょう。ベス

続きを読む

自分の葬儀をどういった形式であげてほしいか、葬儀の形式をどう選択していくことが最善で、後悔のない葬儀を行えるのか…そういったことはとても悩ましい点です。その一方で、自分が遺族としてどんな葬儀

続きを読む

葬儀はお葬式だけでなく、亡くなる方が危篤となった段階からはじまっています。実際に葬儀を行う際、休む間もなく次々と訪れる“やるべきこと”の多さに圧倒される方もいるでしょう。今回は、葬儀に関する

続きを読む

葬儀の目的は「生前お世話になった故人を遺族や参列者がお見送りする」ことです。遺族としては、何事もなくスムーズに葬儀を進行していきたいものです。しかし、意外にも葬儀会社とのトラブルは少なくあり

続きを読む

葬儀を執り行う際、​​故人の友人や会社の関係者の方に案内状を送らなければなりません。案内状の種類はいくつかあり、送るべきタイミングもそれぞれで異なります。案内状にはどんな種類があり、何に気を

続きを読む

葬式やお通夜、告別式などに参加した後には食事が出されるのが日本の文化のひとつになっています。そんな葬式後の食事やお供えするごはん、マナーなどについて紹介していきます。 葬式後の食事について

続きを読む

冠婚葬祭のひとつである葬儀やお通夜ですが、鞄はどのようなものを持参すべきなのでしょうか。今回は、葬式やお通夜に持参すべき鞄や小物について紹介していきます。 マナーを守った喪服に合うバッグの選

続きを読む

家族が亡くなった際に執り行う葬儀にはどれくらいの費用がかかるのか気になるものです。決して安くはない葬儀費用ですが、知識さえあれば高額な費用を抑えることができるかもしれません。この記事では、葬

続きを読む

日野市に住民票がある方が亡くなった場合、その葬儀に際しては補助金を受けとれる可能性があります。突然必要になった場合はとくにですが、葬儀費用は家族の負担になってしまいます。補助金などの存在を知

続きを読む

あわてて選んではいけないのが葬儀屋さん、理想は事前にどこに頼むかを決めておくことです。故人の意思を活かせない、予算オーバーしてしまうなど、トラブルに発展しかねません。安らかに故人を見送るため

続きを読む