高根商店の口コミや評判

公開日:2022/06/15   最終更新日:2022/06/30

高根商店

高根商店は、東京都板橋区にある70年の歴史と信頼を誇る葬儀社で、板橋区近郊や立川市、日野市、は八王子市など都内での葬儀を手がけている会社です。長年の経験と誠実な姿勢には多くの信頼を得ており、安心して葬儀を任せられることでしょう。この記事では、そんな高根商店の特徴について紹介しています。

地域密着70年の葬儀社

高根商店は、東京都板橋区を中心に地域に密着しながら、葬儀を手がけてきて70年以上という歴史を誇る会社です。安心や思いやりを届けるのはもちろんのこと、何よりもまず真実を伝えて顧客の信頼を得ることを大切にしています。

時代に合わせて変化してきた葬儀

葬儀に対する考え方は、時代の流れとともに変化し続けています。高根商店は70年にわたり地域に密着し、時代の流れに合わせて変化しながら葬儀を手がけてきました。葬儀に対するさまざまな不安を取り除き、漠然とした思いを具現化するために、最大限の配慮を心がけています。

真実を伝えて信頼関係を築く

高根商店では、できる限り遺族の思いを汲み取り、同じ思いで故人を見送るために誠意をもって葬儀に臨んでいます。過去にほか社で葬儀を行ったことがある方のなかには、葬儀業者主体で進められる見積もりや準備に対して、不安や不満を感じた方もいるかもしれません。

葬儀の料金は不透明になりがちで、希望をそのまま実現すると莫大な費用がかかることもあります。高根商店では、こうした不安要素をあらかじめ明確に伝え、真実を伝えることで信頼関係を築けるように努めています。

オリジナル機能!webで簡単自動見積もりのセルフプランニング

まずは真実を伝えるということを何よりも大事にしている高根商店では、webで簡単に見積もりができる「セルフプランニング」というというオリジナルの自動見積もり機能を提供しています。

現段階で考えている参列人数やオプションを入力するだけで、実際にかかる費用をシミュレーションできます。何にいくらかかるかが明確となり、予算を立てる際の参考にできるので、問い合わせ前にまずは気軽に試してみるのもおすすめです。

葬儀を執り行うにあたっての流れ

突然のことで何から手を付けてよいかわからない…という方も多いのではないでしょうか。以下では、葬儀を行う際の流れについて紹介します。

訃報を知らせる相手を決める

まずは訃報を知らせ、葬儀の参列者を決定します。一般的には親族、友人、仕事関係者、近所の方、同窓会などの各団体という範囲になりますが、故人の希望や葬儀の規模によって調整します。それぞれに連絡代表者を決めてから、末端まで連絡が行き届くように手配するとよいでしょう。檀家寺のない方でも、宗教宗派によっては葬儀社で手配できます。

遺影を選定する

次に遺影を決定しておきましょう。手持ちの写真の中から、顔がはっきり大きく写っているものを2~3枚選定しておくとよいでしょう。顔部分を大きく引き伸ばすことになるので、ピントが合っていることと、光沢写真であることを確認しておく必要があります。また、死亡診断書から火葬許可を申請する際に必要となるため、故人及び申請者の本籍、現住所と申請者の三文判も用意しておきましょう。

葬儀社を選定する

葬儀社に連絡するタイミングは、亡くなった場所によって異なります。病院で亡くなった場合はすぐ葬儀社に連絡し、ご遺体が自宅に戻る場合や、一旦ほかの場所に安置する場合について、移動方法などを相談します。もしも自宅で亡くなった場合は、まずは医師に連絡する必要があります。医師による死亡診断が終わってから葬儀社に連絡し、安置方法を相談するという流れになります。

葬儀社との打ち合わせをする

葬儀社が決まったら、葬儀についての打ち合わせを進めていきます。まずはお寺へ連絡し、僧侶の予定の確認や戒名の相談をします。次に葬儀の規模や、重視するポイントを踏まえて式場を選定します。式場と調整して日程や参列者、料理や返礼品、祭壇などの内容を詰めてから全体費用を確認し、死亡診断書を提出してから正式に葬儀社へ依頼するという流れです。

お布施を用意する

金額設定などが難しいお布施ですが、迷ったら葬儀社に相談してみましょう。お布施には戒名料、読経量、お車代、お膳料が含まれ、一般的に戒名料は俗名で20万円前後、信土・信女で30万円前後、居士・大姉で50万円前後、院号で80万円前後といわれています。お車代は13万円、お膳料は12万円が目安となります。

 

葬儀の手配は何度も経験するものではありません。ほとんどの方がはじめてでわからないことも多いうえに、大切な人を亡くした悲しみの中で準備を進めなければなりません。そんな中で葬儀を依頼するので、とにかく安心して任せられる葬儀社を選びたいものです。高根商店は地域に密着しながら70年もの間葬儀を手がけてきた実績があり、豊富な経験と知識で信頼のおける会社です。24時間365日問い合わせを受け付けているほか、ホームページ上で入力するだけで簡単に金額シミュレーションができるセルフプランニング機能もあるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

喪服にベストを合わせるのはマナー違反? お葬式やお通夜、法事などに参加する際は喪服を着用しますが、普段着用する場面が少ないことから、ベストを合わせてもいいのか分からない方が多いでしょう。ベス

続きを読む

自分の葬儀をどういった形式であげてほしいか、葬儀の形式をどう選択していくことが最善で、後悔のない葬儀を行えるのか…そういったことはとても悩ましい点です。その一方で、自分が遺族としてどんな葬儀

続きを読む

葬儀はお葬式だけでなく、亡くなる方が危篤となった段階からはじまっています。実際に葬儀を行う際、休む間もなく次々と訪れる“やるべきこと”の多さに圧倒される方もいるでしょう。今回は、葬儀に関する

続きを読む

葬儀の目的は「生前お世話になった故人を遺族や参列者がお見送りする」ことです。遺族としては、何事もなくスムーズに葬儀を進行していきたいものです。しかし、意外にも葬儀会社とのトラブルは少なくあり

続きを読む

葬儀を執り行う際、​​故人の友人や会社の関係者の方に案内状を送らなければなりません。案内状の種類はいくつかあり、送るべきタイミングもそれぞれで異なります。案内状にはどんな種類があり、何に気を

続きを読む

葬式やお通夜、告別式などに参加した後には食事が出されるのが日本の文化のひとつになっています。そんな葬式後の食事やお供えするごはん、マナーなどについて紹介していきます。 葬式後の食事について

続きを読む

冠婚葬祭のひとつである葬儀やお通夜ですが、鞄はどのようなものを持参すべきなのでしょうか。今回は、葬式やお通夜に持参すべき鞄や小物について紹介していきます。 マナーを守った喪服に合うバッグの選

続きを読む

家族が亡くなった際に執り行う葬儀にはどれくらいの費用がかかるのか気になるものです。決して安くはない葬儀費用ですが、知識さえあれば高額な費用を抑えることができるかもしれません。この記事では、葬

続きを読む

日野市に住民票がある方が亡くなった場合、その葬儀に際しては補助金を受けとれる可能性があります。突然必要になった場合はとくにですが、葬儀費用は家族の負担になってしまいます。補助金などの存在を知

続きを読む

あわてて選んではいけないのが葬儀屋さん、理想は事前にどこに頼むかを決めておくことです。故人の意思を活かせない、予算オーバーしてしまうなど、トラブルに発展しかねません。安らかに故人を見送るため

続きを読む